ホーム > 技術安全情報・ガイドライン > 技術安全情報 > 組合関連ニュース2013.08.01(その3)「全国安全週間」

組合関連ニュース2013.08.01(その3)「全国安全週間」

■組合関連ニュース2013.08.01(その3)
平成25年度「全国安全週間」の実施について
平成25年7月1日
(厚生労働省・中央労働災害防止協会)
日本舞台音響事業協同組合
教育(安全)委員会

◎ 厚生労働省は、毎年、平成25年6月1日~30日までを準備期間とし、平成25年7月1日~7日までを本週間
   とする、「全国安全週間」の実施をする。


    尚、日本舞台音響事業協同組合 教育(安全)委員会では、上記「全国安全週間」に併せて、平成25年7月15
   日~8月31日までの1か月半の間を「夏期 安全強化 月間」 として実施します。

全国安全週間は、産業界における自主的な労働災害防止活動を推進するとともに広く一般の安全意識の高揚と安全活動の定着を図ることを目的として、昭和3年から実施しており、本年で第86回を数えます。
平成25年全国安全週間の実施に向けて、厚生労働省においては、本年2月にスローガンを一般公募するとともに内部職員に対しても募集していました。

今般、平成25年度全国安全週間実施要綱も決定し、これに併せて、
                  「高めよう 一人ひとりの安全意識 みんなの力でゼロ災害」
を平成25年度全国安全週間スローガンとし、全国一斉に積極的な活動を行います。

厚生労働省におきましては、産業界における自主的な労働災害防止活動を推進するとともに、広く一般の安全意識の高揚と安全活動の定着を図るため、毎年、全国安全週間を主唱しております。

この間の安全作業等の趣旨をご理解いただき、組合関係各位及び社員の皆様への周知等格段の後協力を給わりますよう、よろしくお願い申し上げます。

 ※ ポスター資料等の詳細は、中央労働災害防止協会のホームページ


サイトマッププライバシーポリシーセキュリティーポリシーコピーライトこのサイトについて