ホーム > お知らせ > 最新ニュース > 組合関連 ニュース02.10(その2)「インフルエンザ対策」

組合関連 ニュース02.10(その2)「インフルエンザ対策」

組合関連 ニュース02.10(その2)「インフルエンザ対策」
 インフルエンザの患者数がこの10年で最高の水準となり急激に増している。
平成24年2月10日
教育委員会 安全部会
医療機関からの報告された患者数は、この1週間(1月30日~2月5日)で1医療機関あたり42・62人に達し、2002年以降のこの期間での患者数は最高になったとのこと、推計の患者数は約211万人に上る。

 また、今期は、5年ぶりにA香港型が流行しているのが特徴だ。しかし、2月に入ってB型の割合が増えている地域もあり、流行が長引く恐れがあると、懸念されている。組合員各位、舞台・イベント会場等の多くの参加者が集う職場での、健康管理に十分ご注意してください。

以下、厚生労働省ホームページからのお知らせをご覧下さい。
2011-2012 今冬のインフルエンザ総合対策
啓発ツール
【ポスター】インフルエンザ予防の、おやくそく。(2011年11月11日)[118KB]
 
【ポスター】発熱したお子さんを見守るポイント[2,356KB]
 
【リーフレット】インフルエンザ一問一答みんなで知って、みんなで注意![452KB]
サイトマッププライバシーポリシーセキュリティーポリシーコピーライトこのサイトについて