ホーム > お知らせ > 最新ニュース > 全中 2014 07.01発(その2) 月例経済報告(平成26年6月)

全中 2014 07.01発(その2) 月例経済報告(平成26年6月)

平成26年7月1日
( 内 閣 府 )
◎経済は、緩やかに回復基調が続いているが、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動により、このところ弱い動きも見られる。内閣府は6月20日、平成26年6月の「月例経済報告」を発表した。同報告では、景気の現状を総括して、「景気は緩やかな回復基調が続いているが、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動により、このところ弱い動きもみられる。」とし、前月判断を据え置いた。

 先行きについては、「当面、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動により弱さが残るものの、次第にその影響が薄れ、各種政策の効果が発現するなかで、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。」としている。
総  論(我が国経済の基調判断)
景気は、緩やかに回復しているが、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動により、このところ弱い動きもみられる。
・個人消費は、引続き弱めとなっているが、一部に持ち直しの動きも見られる。
・設備投資は、増加している。
・輸出は、横ばいとなっている。
・生産は、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動も影響もあって、このところ弱含んでいる。
・企業収益は改善している。企業の業況判断は、このところ慎重となっているが、先行きは改善がみられる。
・雇用情勢は、着実に改善している。
・消費税物価は、緩やかに上昇している。

先行きについては、当面、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動により弱さが残るものの、次第にその影響が薄れ、各種政策の効果が発現するなかで、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。

(政策の基本的態度)
政府は、大震災からの復興を加速させるとともに、デフレからの脱却を確実なも のとし、持続的成長の実現に全力で取り組む。このため、6月中に「経済財政運営と改革の基本方針2014(仮称)」及び「規制改革実施計画」を取りまとめるとともに、「日本再興戦略」を改訂する。

また、経済の好循環の実現に向け、「好循環実現のための経済対策」を含めた経済政策パッケージを着実に実行するとともに、平成26年度予算の早期成立に努める。

日本銀行には、2%の物価安定目標をできるだけ早期に実現することを期待する。

以下、月例経済報告の「平成26年5月度の、総 論・各 論」の詳細は、詳細は、内閣府のホームページに掲載されている。
サイトマッププライバシーポリシーセキュリティーポリシーコピーライトこのサイトについて