ホーム > お知らせ > 最新ニュース > 組合関連ニュース2019.07.01「夏期全国安全週間(月間)」

組合関連ニュース2019.07.01「夏期全国安全週間(月間)」

2019年度「夏期全国安全週間(月間)」の実施について
(厚生労働省・中央労働災害防止協会)
日本舞台音響事業協同組合
教育(安全)委員会
◎ 厚生労働省は、毎年、2019年6月1日~30日までを準備期間とし、
 2019年7月1日~7日までを本週間とする、「夏期全国安全週間(月間)」の実施をする。

 全国安全週間は、労働災害防止活動の推進を図り、安全に対する意識と職場の安全活動の依り一層の向上に取り組む週間です。昭和3年に初めて実施されて以来、、「人命尊重」という崇高な基本理念の下、「産業界での自主的な労働災害防止活動を推進し、広く一般の安全意識の高揚 と安全活動 の定着を図ること」を目的に、一度も中断することなく続けられ、一度も中断されることなく続けられ、本年で第92回を迎えます。 

 この間、事業場では、労使が協調して労働災害防止対策が展開されてきた。この努 力により労働災害は長期的には減少しているが、平成30年の労働災害については、死亡 災害は前年を下回る見込みである。しかし、休業4日以上の死傷災害については、転倒 災害の増加等により3年連続で、前年を上回る見込みである。業種別では陸上貨物運送 事業や第三次産業で増加率が高く、事故の型別では「転倒」や熱中症を中心とする「高 温・低温の物との接触」で増加率が高くなっている。
 これらの要因としては基本的な安 全対策が不十分なことによる災害の発生や、業種を問わず増加を続けている転倒災害が 冬季を中心に発生していることが考えられる。 

 また、近年増加している高年齢労働者対策や、今後増加が見込まれる外国人労働者対 策をはじめとする、就業構造の変化及び働き方の多様化に対応等も考慮した、日々の仕 事が安全なものとなるような取組が求められる。 このような状況を踏まえ、更なる労働災害の減少を図ることを決意して、平成 31 年 度全国安全週間は以下のスローガンの下で取りくむ。
 このような状況を踏まえ、更なる労働災害の減少を図ることを決意して、
        2019年度 夏期安全週間は、以下のスローガンの下で取り組む。
      2019年度 夏期安全週間(月間)
         「新たな時代に PDCA みんなで築こう ゼロ災職場

尚、日本舞台音響事業協同組合 教育(安全)委員会では、上記「全国安全週間」に併せ、また、当事業組合の特殊サービス業としての業務環境を鑑み、
   2019年7月15日~8月31日までの1.5ヵ月間を「夏期 安全強化月間」 として実施します。
 この、安全月間の安全作業等の趣旨をご理解いただき、組合関係各位及び社員の皆様への周知等に格段の後協力を給わりますよう、よろしくお願い申し上げます。
※ ポスター資料等の詳細は、中央労働災害防止協会のホームページをご覧ください。
     https://www.jisha.or.jp/campaign/anzen/index.html
     https://www.jisha.or.jp/order/index.php
※ 添付資料:2019年度「夏期 安全強化月間」趣旨・事故報告書 1部
        2019年度「夏期 安全強化月間ポスター」 その他    1部

以上





サイトマッププライバシーポリシーセキュリティーポリシーコピーライトこのサイトについて