ホーム > 事業報告 > 理事会議事録 > 第80回全国理事会議事録

第80回全国理事会議事録

1. 開催日時及び場所
日        時   平成24年12月13日(木)午後2時30分~4時00分まで
場        所  ヒビノビル 5F「大会議室」

2.理事人数及び出席者数(敬称略)

理事人数  総員16人
出 席 者  出席16人
(内訳)

 本人出席


12人 三浦、小川、中根、原、児玉、西澤、乙村、小野
     加賀、岸浪、高橋、冨澤
 委任状出席
 4人 河合、廣川、松村、山中
 欠席
 0人
 オブザーバー出席
吉田監事、大澤(西尾監事代理)、田村相談役、二神相談役        大木相談役、河田相談役
 事務局
西谷事務局長、鈴木

3.議事経過の要領
会議に先立ち三浦理事長より挨拶があった。
◆今回の議題
(1)前回(7月24日開催第79回全国理事会)の議事録確認
西谷事務局長より報告説明。議事録どおり承認された。      

(2)平成24年度「経営幹部研修会in浜松」報告事項
中央会補助金事業である平成24年度『連合会(全国組合)等研修事業』は9月26日・27日に静岡県浜松市のヤマハ㈱の工場見学及び「アクトシティ浜松コングレスセンター」にて座学を実施。全体の司会進行は児玉専務理事にて。

初日はヤマハ㈱本社にてPA事業部の仙頭 聡講師によるヤマハデジタル最新機器のコンセプト・ポリシー解説があり、午後からはヤマハ㈱豊岡工場にて最新デジタルコンソールのセル方式製造工程を視察、デジタル卓の操作技術について研修。その後アクトシティ浜松CCに移動して、ワイヤレス・マイク等の「法令改正をふまえた現状と今後の動向」を検証。国内外のデジタルラジオマイク等の国内主力メーカー各社(ゼンハイザージャパン㈱佐藤 満講師・ヒビノインターサウンド㈱福島周治講師・㈱オーディオテクニカの小諸弘和講師)による視聴実験及び規格検証等について研修した。

2日目の午前中はアクトシティ浜松CCにて、SR佐々木事務所の社会保険労務士の佐々木久雄講師による「平成24年度中小企業関係税制の改正について」続いて日本舞台技術安全協会の事務局長 和田富美男講師による「安全(リスクマネージメント)公共多目的施設の安全管理」。引き続き「電波法改正までの経緯、特定ラジオマイクの周波数移行」について総務省綜合通信基盤局電波部移動通信課の課長 星野哲雄講師による講義。午後からはヤマハ㈱掛川工場にてPA事業部 赤松幹夫講師・武田信次郎講師による管弦楽器・音源楽器のグランドピアノ完成(明治35年)からの音響工学(高・中・低音、共鳴・拡声音等)の舞台音響のマイクセッテング技術について研修した。
最後に組合教育委員会の西澤勝之委員長の司会により質疑応答、アンケート回収を行った。

なお初日終了後、「静岡地区懇親パーティ」をホテルオークラアクトシティにて開催した。また、全体では補助対象となる経費が減り、補助金予定額が下回ることとなった。

(3)平成24年度決算関連報告及び平成25年度事業計画について
平成24年度決算は黒字になる見通しである旨の報告があり、平成25年度は各委員会で事業計画を立てたのち予算組みすることとした。

(4)各委員会関係の報告及び検討事項
経営委員会:
[共同購買・商品開発]組合オリジナル商品「MRC-ZERO」除菌・消臭スプレーは例年通り推移し在庫2,500本となり2年に一度の生産ペースとなり次年度は製造が必要。
[人材開発]特記事項なし。

[経 営]
①平成24年度総会は3月22日(木)八芳園にて実施することとした。
②東日本大震災の被災地支援として仮校舎31校の小・中学校のうち19校よりマイクロフォン寄贈の希望があり、組合員・賛助会員10社より寄贈された。寄贈先の数校より実際のマイクロフォン使用時の写真と御礼状が届いている。

広報委員会:
[会員増強]平成24年10月1日付 ㈱オーディオテクニカ( 代表取締役 松下和雄)の新規加入により賛助会員は20社となった。

[広 報] 加賀理事よりHPの更新(最新情報)の度にメーリングリストで知らせて組合員への情報発信としたら良いのではないかとの提案があり、まずは役員のメーリングリストを作成することとした。

[福利厚生]
①「あんしん財団の紹介代理所制度」を活用してさらなる組合員各社の事業経営の安定化をめざし、共済制度の案内をスタートした。
②12月13日(木)「平成24年度忘年会」を開催する。参加者70名。
③組合ゴルフコンペ「第28回響打会」は10月2日(火)新千葉カントリー倶楽部にて実施。次回は4月中旬、幹事はカネレ電気㈱の加藤氏と、㈱音映の田村氏にて実施予定。

教育委員会:
[技能検定]
①東京都舞台機構調整技能検定協議会 関連
東京都職業能力開発協会により9月3日、「平成24年度後期技能検定試験実施説明会」があり、11月26日午前「首席技能検定委員・事務局会議」。当日午後からは東京都舞台機構調整技能検定協議会による「検定委員水準調整会議」及び「平成24年度後期協議会②」を実施した。
②平成24年度後期技能検定(音響1・2級)の試験会場は学科試験/要素試験は、1級・2級とも1月30日(水)「なかのZERO」、実技試験は、「中野区野方区民ホール」で実施する。受検日程は平成25年1月31日(木)~5日(火)の6日間。受検者は1級20名、2級27名合計47名。
③「第14回音響技能講座」は「平成24年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業"舞台音響家のための公開講座"」≪技術コース≫として日本舞台音響家協会が主催して平成25年1月17日(木)~19日(土)の3日間、中野区野方区民ホールにて開催する。

[安 全]本年も組合員各社に厚生労働省の第42回「年末年始無災害運動」のポスターを送付し「事故報告書」の提出を依頼する。

[研 修]上記、中央会補助金事業「経営幹部研修会in浜松」のとおり。
以上 
サイトマッププライバシーポリシーセキュリティーポリシーコピーライトこのサイトについて