ホーム > 事業報告 > 理事会議事録 > 第86回全国理事会議事録

第86回全国理事会議事録

1. 開催日時及び場所
日        時   平成26年3月20日(木)午後1時30分~2時30分まで
場        所  八芳園 6F「ノクターン」

2.理事人数及び出席者数(敬称略)

理事人数  総員16人(欠員1人)
出 席 者  出席15人
(内訳)

 本人出席


13人 三浦、小川、中根、原、西澤、小野、加賀、河合
     岸浪、高橋、冨澤、廣川、山中
 委任状出席
 2人 児玉、松村 
 欠席
 0人
 オブザーバー出席
吉田監事、大澤(西尾監事代理)、二神相談役       二神公認会計士、多田(㈱オトムラ)  
 事務局
西谷事務局長、鈴木

3.議事経過の要領
会議に先立ち三浦理事長より挨拶があった。
◆今回の議題
(1)前回(2月13日開催第85回全国理事会)の議事録確認
西谷事務局長より報告説明。議事録どおり承認された。      

(2)第19回通常総会提出議案と内容について
10の議案を提案する。詳細は別紙の「第19回通常総会議案」と「第19回総会議案内容」による。

(3)第19回通常総会運営方法及び担当について
別紙の議事進行により理事会終了後、八芳園6F「ノクターン」において執り行う。

(4)総会記念「基調講演」「パーティ」の進行について
「基調講演」は一般社団法人700MHz利用推進協会の専務理事 河野 誠氏に特定ラジオマイク周波数移行に関する最新情報の説明をお願いした。租税の扱いとして、現物給付の標準的な実施方法・税務上の基本的な処置・中小企業向けの税制優遇処置の紹介、最新情報として特定ラジオマイクのTVホワイトスペースチャンネルの追加、新周波数対応特定ラジオマイクテスト会の案内、機種別の700MHz利用推進協会の費用負担の範囲、新機器の販売状況やテスト機器の案内を予定。
続いて特定ラジオマイク利用者連盟の現況及び今後の方針について田中理事長による報告をいただく。特定ラジオマイク周波数移行を機に法人化し「一般社団法人 特定ラジオマイク運用調整機構」を4月1日設立する。基本的には従来どおりの対応を前提としていく方針である。
「パーティ」は進行表に基づき八芳園6F「サクレ」において中根副理事長の司会により行う。来賓挨拶は2名にお願いし、それぞれ了承をいただいている。参加者70名を予定。
(5)各委員会関係の報告及び検討事項 
2月13日実施の第1回分科会(経営委員会・広報委員会・教育委員会)の議事録メモにより平成26年度各委員会の事業計画を確認した。
・20周年記念事業については「大がかりなスピーカー実習」実施の可能性を探るべく、6月に20周年を迎える大阪のサウンドフェスタや、老朽化したヤマハ「つま恋」の会場の下見が検討された。
経営委員会
[共同購買・商品開発]新製品の空間除菌消臭「エコム エアマスク」のサンプルを組合員・賛助会員に配布し、販売を開始した。
[人材開発]㈱昭栄広報(賛助会員)より就職情報誌「アート&クリエイティブ2014」への関連団体代表挨拶(理事長)の寄稿依頼があり対応した。
広報委員会
[福利厚生]平成26年度「団体定期保険」(太陽生命)の加入・増額の案内を行った。(更新日6/1)
教育委員会
[研 修]中央会補助金事業「経営幹部研修会」は平成26年度については3月12日が応募締切であったが、今年度は第二次の応募締切が4月14日にあるので、札幌にて実施する計画で詳細はプロジェクト委員会に一任された。
[技能検定]東京都舞台機構調整技能検定協議会 関連
平成26年前期実施説明会が3月3日(月)に実施され、3級の8校の専門学校の実施日程の調整を行った。また、平成25年度後期技能検定試験の合格発表が3月14日(金)にあり1級18名中9名・2級34名中7名となった。
以上


サイトマッププライバシーポリシーセキュリティーポリシーコピーライトこのサイトについて