ホーム > お知らせ > セミナー案内 > 2010・6月度(その1)「セミナー案内」情 報

2010・6月度(その1)「セミナー案内」情 報

 〇「第17回 愛知県舞台技術者セミナー」
演出空間の変容「映像とは!」
 基調講演では、大幅な予算仕分けの対象となった我国の文化事業について、文化審議会第8期文化政策部の議論の報告を交え、「第3次基本方針」策定に向けた「文化芸術の振興」の為の、基本的施策の在り方について伺います。
 また、世界に類を見ない多数の公立ホールを所有する我国において、築後30~40年を経て建築の修繕、舞台設備の更新が必要な公共ホールが続出する事が予想され、地方自治体においては、隠れ負債となる可能性が出てきました。今後の公共ホールにおける適正な舞台設備の改修の方向を探ります。
 今や、映像表現なくして大型イベントは成り立ちません。既に演出空間においては照明デザインと映像デザインは境界がなくなりつつあります。近い将来、音響、照明、映像はデジタル技術によってコントロール(操作)は統一される可能性が出てきました。公共ホールにおいても、永年音響設備の一部として設備されてきた映像機器も独立した「映像設備」として認識をし、その特徴を理解する必要が生じてきています。「映像」は、私たちの職場環境や舞台技術の方向性にも大きく影響を及ぼす事が予想されます。今回の実習は、劇場演出空間での最新の「映像」の現状を実体験し今後起こりえるであろう諸問題の検証を通して、映像分野の劇場等演出空間での運用のあり方を検討します。尚、講師他、研修セミナーの詳細は、下記ホームページにてご覧ください。

参加対象 :舞台技術者(照明/音響/美術/舞台監督/劇場管理技術)演出家・
        劇場建築家・ 実演家・演劇関係者建築機材メーカー・安全機器メーカー社員各位
日 時 :平成22年7月13日(火)~14日(水) 9:30~受付(小ホールロビー)
会 場 :愛知県芸術劇場大ホール・小ホール・コンサートホール
主  催 :愛知芸術文化センター(愛知県芸術劇場)(財)愛知県文化振興事業団・
      愛知県舞台運営事業協同組合
後 援 :文化庁/(社)日本芸能実演家団体協議会・他諸団体各位
プログラムの内容についてのお問合せ
      愛知県舞台運営事業協同組合 事務局 担当:竹中
         〒461-0001 名古屋市東区泉1-21-10
         TEL 461-972-6003   FAX 461-972-6002

詳細は、愛知県舞台運営事業協同組合・舞台技術者セミナー係のホームページ
        http://www.aibukyou.or.jp/10osirase.htm にて掲載されています。
サイトマッププライバシーポリシーセキュリティーポリシーコピーライトこのサイトについて