ホーム > お知らせ > 全中情報 > 全中5.1発 ◎3月のDI値は、前月と比べ「販売価格」「雇用人員」を除く6指標が、わずかに上昇。

全中5.1発 ◎3月のDI値は、前月と比べ「販売価格」「雇用人員」を除く6指標が、わずかに上昇。

~ 中小企業月次景況調査(平成21年3月末現在)~
平成21年4月20日
(全国中小企業団体中央会)
○3月のDI値は、前月と比べ「販売価格」「雇用人員」を除く6指標が、わずかに上昇。 
○「景況」は依然としてマイナス80ポイントを下回り、「売上高」「収益状況」「設備操業度」も過去の不況時と比べて著しく低い水準にある。
○世界的な景気後退による輸出の減少と内需の冷え込みは、大幅な受注減と操業の低下、個人消費低迷による売上不振をもたらし、中小企業の景況は底ばい状態が続いている。
詳細は、全国中小企業団体中央会のホームページ(http://www2.chuokai.or.jp/keikyou/kei09-03.htm)に掲載されている。

サイトマッププライバシーポリシーセキュリティーポリシーコピーライトこのサイトについて