ホーム > お知らせ > 全中情報 > 全中 02.01発 ~月例経済報告~

全中 02.01発 ~月例経済報告~

~月例経済報告~(平成22年1月度)
平成22年1月20日
( 内 閣 府 )
景気判断を据え置くも、依然厳しい状況内閣府は、平成22年1月20日、1月の「月例経済 報告」を発表した。
同報告では、景気の現状を総括して、「景気は、持ち直してきているが、自律性に乏しく、失業率が高水準にあるなど依然として厳しい状況にある。」と判断し、前月判断を据え置いた。
 先行きについては、「当面、厳しい雇用情勢が続くとみられるものの、海外経済の改善や緊急経済対策の効果などを背景に、景気の持ち直し傾向が続くことが期待される。
 一方、雇用情勢の一層の悪化や海外景気の下振れ懸念、デフレの影響など、景気を下押しするリスクが存在することに留意する必要がある。」としている。
    詳細は、内 閣 府のホームページに掲載されている。


「雇用創出企業」ウェブサイトを公表
平成22年1月22日
(経済産業省)
  経済産業省は、1月22日、「雇用創出企業」ウェブサイトを公表した。
 同サイトは、来春以来厳しい求人情勢が見込まれる新卒予定の学生・生徒の就職支援を目的として、平成21年2月に公表した「雇用創出企業1,400社」を改定し、新たに運輸、建設分野等を加えるなど、1,443社の「雇用創出企業」の魅力を紹介したものである。
 今後は、大学、ハローワーク、ジョブカフェ等で積極的に紹介し、雇用のミスマッチ の解消を図っていくこととしている。
   詳細は、経済産業省のホームページに掲載されている。

サイトマッププライバシーポリシーセキュリティーポリシーコピーライトこのサイトについて