ホーム > お知らせ > 全中情報 > 全中 2010 04.05発◎「平成22年度予算」成立

全中 2010 04.05発◎「平成22年度予算」成立

◎「平成22年度予算」成立する。
平成22年3月24日
( 財 務 省 )
3月24日、平成22年度の予算が政府案どおり成立した。
 同予算では、(1)コンクリートから人へ、(2)政治主導の徹底、(3)予算編成プロセスの透明化、の3つの改革を行うとして、一般会計は92兆2、992億円(21年度当初予算比3兆7、512億円)が計上されている。
 このうち、中小企業対策費として、政府全体で1、911億円(21年度当初予算比21億円増)が計上され、
経済危機を乗り越えるための「中小企業の資金調達の円滑化」、
新しい需要や仕事を創出するための「中小企業の新分野への進出支援」「中小企業の経営力の向上」「地域コミュニティを担う商店街の活性化」に関する施策について重点的な予算配分となっている。
なお、同日、「所得税法等の一部を改正する法律」及び「租税特別措置の適用状況の透明化等に関する法律」も成立した。

 詳細は、財務省のホームページに掲載されている。

 
◎「労働者派遣事業の適正な確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律等の一部を改正する法律案」閣議決定される。
平成22年3月19日
(厚生労働省)
3月19日、「労働者派遣事業の適正な確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律等の一部を改正する法律案」閣議決定される。
本法律案は、常時雇用される労働者以外の労働者派遣や製造業務への労働者派遣を原則として禁止するとともに、派遣労働者の保護及び雇用の安定のための措置の充実を図る等、労働者派遣事業に係る制度の抜本的見直しを行うものである。

  詳細は、厚生労働省のホームページに掲載されている。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000050fd.html
サイトマッププライバシーポリシーセキュリティーポリシーコピーライトこのサイトについて