ホーム > お知らせ > 全中情報 > 全中情報 2015 .06.22発(その1)平成27年5月の中小企業月次景況調査

全中情報 2015 .06.22発(その1)平成27年5月の中小企業月次景況調査

~5月のDI値、9指標中5指標が悪化した~
(平成27年5月末現在)
平成27年6月22日
 発表全国中小企業団体中央会
《概 要》
5月は、9指標中5指標が悪化し、特に前回改善を見せた売上高DIも-13.7と前月5.1ポイントまで大きく落ち込み、製造業・非製造業を問わず、実需不足の深刻化を改め浮き彫りにする結果となった。
 また、円安による経費の全般的なコスト高が継続していることに加えて、今回は労働力不足や天候不順への対応など、新たな課題に苦慮する声も多く寄せられており、中小企業の経営環境は依然として厳しい状態が続いている。

5月の調査結果の概況
【前年同月比DIの動きとポイント】
1.5月のDIは前月比で9指標中5指標が悪化。
2.中でも前回上昇した売上高DIは、-13.7と前月比5.1ポイントと大幅な悪化に転じ、同じく収益状況も  悪化している。
3.円安に伴うコスト高に加えて、人手不足や人件費単価の上昇、さらに天候不順への対応な ど、新たな   課題も現れている。

【情報連絡員からの報告のポイント】
・売上と収益に結びつく有効需要の決定的な不足が顕著であり、特に売上高に関しては、製造業・非製造業を問わずほぼ全ての業種で悪化しているだけでなく、大手や廉価製品との競争に伴う価格転嫁の遅れも収益状況を悪化させる要因となっている。

 また、長引く円安による全般的なコスト増加に加えて、繁忙時の人手不足や突発的な天候不順への対応など、急を要する新たな課題も出て来ており、中小企業の景況感に明るい兆しは見られない。

詳細は、「平成27年5月の中小企業月次景況調査」下記報告HPにてご覧ください。
        (http://www2.chuokai.or.jp/keikyou/kei15-05.htm)

本調査は、都道府県中央会に設置されている情報連絡員〔中小企業の組合(協同組合、商工組合等)の役職員約2,600名に委嘱〕による調査結果です。調査の対象は、情報連絡員が所属する組合の組合員の全体的な景況(前年同月比)です

詳細は全国中小企業団体中央会ホームページ
        (http://www.chuokai.or.jp/)に掲載されている。

サイトマッププライバシーポリシーセキュリティーポリシーコピーライトこのサイトについて