ホーム > お知らせ > 組合員情報案内 > 組合関連ニュース09.01(その1)「全国安全週間」の実施

組合関連ニュース09.01(その1)「全国安全週間」の実施

平成24年度「全国安全週間」の実施について
平成24年9月1日
厚生労働省・中央労働災害防止協会
教育委員会 安全部会
◎平成24年度 第63回「全国労働衛生週間」実施ご案内
 平成24年9月1日厚生労働省は、平成24年度「全国労働衛生週間」の実施要綱を発表した。

全国労働衛生週間は、昭和25年に第一回が実施されて以来、国民の労働衛生に関する意識を高揚し、事業場における自主的労働衛生管理活動を通じ、労働者の健康の確保等を図ることを目的として、今年で63回を迎えます。さて、近年、定期健康診断の結果何らかの所見を有する労働者の割合は約5割に、また、仕事や職場生活に関して強い不安、悩み、ストレスを感じる人の割合が約6割に達しており、からだはもとより心の健康の問題もますます重要になってきています。

第63回全国労働衛生週間
期間:平成24年10月1日~7日
(準備期間:平成24年9月1日~30日)

全国労働衛生週間は、労働者の健康管理や職場環境の改善など、労働衛生に関する国民の意識を高めるとともに、職場での自主的な活動を促して労働者の健康を確保することなどを目的に、昭和25年から毎年実施している取り組みです。毎年9月1日から30日までを準備期間、10月1日から7日までを本州間とし、各職場で職場巡視やスローガン掲示、労働衛生に関する講習会・見学会の開催などを展開します。
スローガン 「心とからだの健康チェックみんなで進める健康管理」
第63回となる平成24年度のスローガンは、近年、過重労働による健康障害やメンタルヘルス不調などの健康問題が重要な課題となっていることから、労働者の心とからだの健康が確保された職場の実現を目指すことを表しています。今年の5月に一般公募を行い、377作品の応募作品の中から選考、決定しました。

♡ 働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」
厚生労働省では、働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト「こころの耳」を開設し、職場におけるメンタルヘルス対策の促進を図っています。

「こころの耳」の主なコンテンツ
事業者に対し、メンタルヘルス対策の基礎知識、職場環境改善のための参考事例、各種支援・情勢制度
  などの紹介
産業医等の産業保健スタッフに対し、事業場の取り組み事例や研修会などの紹介
職場の人間関係などに悩む方やそのご家族に対し、専門の相談機関や医療機関、メンタルヘルスや過労
   死に関する基礎知識、救済制度(セーフティネット)などの紹介

◆メール相談サービスも行っていますので、ご利用ください。
  アクセスはこちらhttp://kokoro.mhlw.go.jp

主 唱 厚生労働省  中央労働災害防止協会
協 賛 建設業労働災害防止協会  陸上貨物運送事業労働災害防止協会     港湾貨物運送事業労働
            災害防止協会  材製造業労働災害防止協会      鉱業労働災害防止協会


サイトマッププライバシーポリシーセキュリティーポリシーコピーライトこのサイトについて