ホーム > お知らせ > 組合員情報案内 > 組合関連ニュース2013.01.01 理事長「年頭挨拶」

組合関連ニュース2013.01.01 理事長「年頭挨拶」

■ 理事長「年頭挨拶」
日本舞台音協事業協同組合
理事長三浦 傳
 平成25年の年頭にあたり、組合員・賛助会員の皆様並びに舞台音響事業を含む広く演出空間関連企業の皆様、謹んで新春の御挨拶を申し上げます。

 昨年の日本経済は、長引くデフレ、急速な円高、欧州の財政金融の不安等、また、電気料等インフラ関連の値上げ、社会保障と税負担増等による消費購買意欲の落込みが謙虚に表れ、景気縮小の一途をたどり、先行きの見えない混迷の一年となりました。
 また、東日本大震災から早2年余り過ぎましたが、復興の萌しは遅々として見えてきますん。被災地への一日も早い春が訪れるよう祈る毎日です。

 しかし、新年を迎え、阿部新政権により、この厳しい現状の解決のため、国家の威信をかけた強力かつスピーディな経済対策と強力なリーダーシップを発揮した数々の施策等により、多くの国民が自信を取り戻しつつあります。

 そして当組合も、組合員及び賛助会員の企業発展と舞台音響業界の活性化と景況回復の為、役員理事一同、組合の果たす役割を再確認し「強力な連携で業界の活力アップと組織基盤の強化、事業活動の活性化、組合員増強と組合広報活動の強化」等々に務め、全力で立ち向かって参ります。

 中小企業の我々にとっても、新しい年が、気力と活力溢れ、希望に満ちた年になるよう、全力で対処する事をお誓いし年頭のご挨拶とさせて頂きます。
平成25年 元旦

サイトマッププライバシーポリシーセキュリティーポリシーコピーライトこのサイトについて